住 所   群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉
  電 話   
 営業時間   16:00~21:00
 入浴料   謝恩金(100円以上)
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   窪湯
  泉 質   ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   59.1  ℃
 pH   8.0
 成分総計   1.31  g/㎏
    Na=227/K=4.6/Ca=156/Mg=0.50/Al=0.21/
  Fe2=<0.01/Mn=0.04(388㎎/㎏)
  F=4.1/Cl=120/SO4=693/HCO3=20.4(838㎎/㎏)
  H2Si03=60.6/HBO2=6.1(66.7㎎/㎏)
  CO2=14.1(14.1㎎/㎏)           〔1993.08.06〕
 入浴履歴   初訪09.11.25
 評 価   ★★★★
 湯宿温泉
小 瀧 の 湯
                               ゆじゅくおんせん こたきのゆ
タイル張りの細長い浴室には、左の仕切り壁に一長辺を寄せて御影石で
縁取った1.9×1.2mほどのタイル張り湯船が置かれ、左手前にある湯口
から斜め向かいの貯湯タンクから引かれた共同源泉がトボトボと掛け流
されています。
やや熱めの無色透明の湯
からは石膏臭がほんのり
香り、芒硝成分のせいで
しょうか、湯温以上に肌
がビリビリする刺激的な
浴感が得られました。

3か所の共同浴場をはしご
湯する予定をしていたた
め、今回は長湯を自粛し
ましたが、水カランが2
基あるだけの共同湯らし
い素朴な造りと落ち着い
た雰囲気に、とても好感
しました。 〔11.07.22〕
湯本館に所蔵される『湯宿村温泉記録』に拠れば、開湯は平安時代前期の852
(仁寿2)年。
須川村の弘須大師が大乗妙典誦行満願を果たした夜に薬師如来が現われ、籠も
っていた“湯伝薬師”という岩穴より薬湯が湧出したと伝えられています。
近世には、初代上田藩主で沼田城主でもあった真田信之が関が原の戦いの疲れ
をこの湯で癒して以来、信吉・熊之助・信政と続く歴代城主に愛湯され、特に
5代信直は持病の痔が根治できたことに感謝して薬師堂を建立し、薬師瑠璃光
如来を祀ったそうです。

また、つげ義春が1968年『ガロ』に発表した短編漫画「ゲンセンカン主人」の
舞台としても知られ、国道17号から斜めに分かれて走る狭い石畳の路地に沿っ
て形成されている温泉街は、行き交う人も少なくひっそりとしており、つげが
“すべてが沈滞している”と表現した雰囲気を今なお留めています。
なお、1999年4月には、法師温泉・川古温泉とともに国民保養温泉地に指定さ
れています。
湯宿温泉は、JR上越線後閑駅から関越交通バス猿ヶ京行きで25分余り、江戸時代に上州と越後を結ぶ三国
街道の宿場として賑わい、現在は全長500m足らずの旧街道沿いに6軒の宿と4か所の共同浴場が点在する小
さな温泉地です。

トップページへ



群馬県の温泉へ



浴場は屋根に見事な梁
材が架け渡されている
ものの、幅狭で奥行き
の長い鰻の寝床のよう
な平面形。
窓が少なくて小さく、
それぞれ外格子が嵌め
られているため、場内
は薄暗く感じます。

脱衣所とその奥に続く
浴室の間に仕切りのな
い一体型の造りで、簀
子敷きの小さな脱衣所
には、右側に9庫の脱
衣箱が設えられていま
した。
『小瀧の湯』は、湯宿温泉に4か所ある共同湯のうち、温泉宿が集ま
る上区に所在する2か所の浴場の一つで、もう1か所の窪湯とは数軒分
を挟んで最も上手側の右手に位置しています。

白壁の浴舎は、切妻瓦葺き屋根の上に湯気抜きを載せた小ぢんまりし
た造り。平成に入って建て替えられたとのことで、新しさはまだまだ
十分保たれています。
湯宿の共同浴場は、区民と宿で鍵を借りることのできた宿泊者のほか、
開錠されていれば、外来客でも16時から21時の間は100円以上の協力
金を納めて利用できるようになっていますが、16時ちょうどに訪れた
こともあって、オートロックの扉は依然として施錠中。
宿泊した湯本館でお借りした“湯宿共同湯維持会”の鍵で開けさせて
いただきました。