住 所   熊本県上天草市大矢野町上弓ヶ浜5190-2
  電 話   0964-56-0536
 営業時間   立寄り 10:00~20:00
 入浴料   500円
温泉利用状況   完全放流式 (冬期 加温あり)
   
 源 泉 名   弓ヶ浜温泉(白湯) / 弓ヶ浜温泉(赤湯)
  泉 質   単純温泉 / ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
 湧出量   40 / 127   ℓ/min
 泉 温   32.3 / 46.9  ℃
 pH   7.50 / 6.78
 成分総計   0.9880 / 10.104  g/㎏
    Na=206.5/K=6.4/Ca=4.4/Mg=2.7(220.1㎎/㎏)
  Cl=35.8/SO4=0.1/HCO3=580.3(616.2㎎/㎏)
  H2SiO3=41.3/HBO2=0.3(41.6㎎/㎏)
  CO2=110.1(110.1㎎/㎏)         〔2007.12.10〕

  Li=4.4/Sr=8.6/Na=2331/K=93.5/Ca=198.8/Mg=109.3/
  Fe2=0.5/Ba=10.2(2756㎎/㎏)
  I=0.6/Br=7.9/Cl=2599/SO4=2.3/HCO3=4006
  (6616㎎/㎏)
  H2SiO3=71.6/HBO2=58.4(130.0㎎/㎏)
  CO2=601.8(601.8㎎/㎏)         〔2007.12.10〕

 入浴履歴   初訪15.05.03
 評 価   ★★★★
 弓ヶ浜温泉
大洞窟の宿 湯楽亭
              ゆみがはまおんせん だいどうくつのやど ゆらくてい
趣の異なる5
つの湯船で2
種類の源泉を
掛け流しで楽
しむことがで
きる、天草の
温泉めぐりに
は外すことの
できない湯宿
です。
〔16.06.01〕
そのため、大浴
場からはほんの
り油臭を帯びた
金気臭と塩甘味、
大洞窟風呂の適
温もしくはぬる
め寄り適温の湯
からは弱金気臭
が感じられまし
たが、適温とな
ったまくらの湯
やぬるめの露天
風呂ではほとん
ど無臭となって
いました。
これらの湯船に
は、より泉温の
高い温泉を求め
て1996年7月に
地下1000mで掘
削に成功したと
いう「赤湯」と
呼ばれる含重曹
-食塩泉が供さ
れ、大浴場から
まくらの湯を経
て露天風呂、洞
窟風呂から露天
風呂へ掛け流さ
れていました。
また、正面奥の出入
口から外へ出るとす
ぐ左手に一人用寝湯
の“まくらの湯”、
前面に露天風呂、さ
らに赤湯大浴場の左
側に設けられている
南出入口と露天の左
奥の双方から行き来
できる、館主自ら設
計し、家族全員で手
掘りしたという全長
32mの“大洞窟風呂”
が併設されています。
白湯浴室を抜けて5段の階段を上がった先に続いているのは、もう一方
の内湯である赤湯大浴場。

波板で屋根を葺いた浴室は石板張りで、右壁に4基のシャワーカラン、
左側には鉤形をした湯船が配され、鉄錆色に濁った熱め寄り適温の半透
明湯が満たされた湯船の縁や床には、析出物がこってりと付着していま
した。
源泉が直接加えられてい
る右側の浴槽は体温より
若干高い程度、仕切り越
しと側面の孔からその湯
が流れ込む左の浴槽は体
温を下回るぬる湯で、浸
かった瞬間には石鹸のよ
うな弱い湯の香、湯口で
は油臭を帯びたような金
気臭が仄かに感じられ、
肌当たりの優しい浸かり
心地の良い温泉でした。
仕切りのすぐ横でパイプから注がれているのは、1977年11月
に館主 嶋田秀雄さんが地下650mで掘り当て、温泉掘削の夢
を果たした「白湯」と呼ばれている弱アルカリ性の単純温泉。
内湯は大きく2室に分
かれ、手前側の平石張
りの浴室には、右壁に
3基のシャワーカラン
が並び、大小の岩が立
て並べられた左壁から
正面には、2槽に仕切
られたブーメランのよ
うな形をした細長い玉
石タイル張りの湯船が
配されていました。
受付の先を右へ折れ、すぐ左の廊下
を奥へ進んで温泉マークが描かれた
突き当たりの扉を抜けると正面が男
女日替わりの浴場となっており、訪
れた日は右側が男湯となっていまし
た。

扉の先にはゆったりした板張りの脱
衣所があり、左壁には48庫に小さく
区切られた脱衣箱が置かれ、対する
右には洗面ボウル2基のパウダーコ
ーナーが設けられています。
元は1967年に創業された海水浴客
向けの民宿でしたが、10年後にご
主人が温泉を掘り当て温泉旅館へ
衣替え。
瓦屋根に白壁が映える蔵を想わせ
る建物は木造鉄骨造りの2階建て
で、客室は全16室を数えます。

自動ドアの玄関を入るとロビーの
右手に受付があり、立寄り入浴を
お願いします。
『大洞窟の宿 湯楽亭』は、熊本市
街から国道266号で天草市方面へ向
かう途中、道の駅「上天草さんぱー
る」を過ぎてすぐの信号交差点を右
へ折れ、左手に島原湾を眺めながら
大矢野島の海岸線を走ること5.2㎞
余り、弓ヶ浜海水浴場から南南東へ
160mほど入ると右手に所在する、
日本秘湯を守る会の会員でもある弓
ヶ浜温泉の一軒宿です。

トップページへ



熊本県の温泉へ