住 所   兵庫県美方郡新温泉町湯1604
  電 話   0796-92-1081
 営業時間   7:00~22:30 (休=15日,木・土・日・祝は
          翌日休)
 入浴料   400円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   荒湯・薬師湯 混合泉
  泉 質   ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉
 湧出量   490  ℓ/min
 泉 温   79.7 ℃
 pH   7.4
 成分総計   1.039 g/㎏
    Na=250.3/K=17.6/Ca=18.9/Mg=0.6/Mn=0.1
  (287.5㎎/㎏)
  F=9.0/Cl=140.2/SO4=150.2/HCO3=263.3(562.7㎎/㎏)
  HAsO2=0.1/H2Si03=175.3/HBO2=6.1(181.5㎎/㎏)
  C02=7.0(7.0㎎/㎏)  
           
〔2008.03.04〕
 入浴履歴   初訪08.11.15
 評 価   ★★★★★★
 湯村温泉
湯村温泉観光交流センター 薬師湯
                 むらおんせんかんこうりゅうせんたー やくしゆ
浴場は内湯と露天から構成
され、石板張りの内湯には、
左手から正面に16基のシャ
ワーカランが並び、右手前
には奥に気泡装置が付いた
大振りな長方形の湯船が配
されています。

一方、平石張りの露天エリ
アには、扇形を呈した岩風
呂が置かれ、露天に向かう
途中には、温泉を利用した
蒸し風呂も設けられていま
した。
『湯村温泉観光交流センター 薬師湯』は、2008年3月28日に閉鎖された湯村温泉会館 薬師湯に代わって、
春来川を挟んで夢千代館の向かい側の旧温泉町役場跡地に新たに造られ、同年3月29日にオープンした公衆
浴場で、通称“新薬師湯”と呼ばれています。
湯村温泉は、2005年10月に浜坂町と温泉町が合併して新たに誕生した
美方郡新温泉町のほぼ中央に位置する、城崎温泉と並んで但馬地域を
代表する温泉地です。

開湯は848(嘉祥元)年。天台宗三世座主である慈覚大師によって発見
されたとされ、1981年にNHKで放映された吉永小百合主演「夢千代
日記」のロケ地としても知られています。
源泉の総数は49本、総湧出量は毎分2070ℓを数えますが、中でも有名
なのが春来川の傍らで湯けむりを上げる自噴泉“荒湯”。
98℃の高温泉が毎分470ℓ湧出し、湯壺は野菜や卵を茹でる地元の方
や観光客でいつも賑わっています。

トップページへ



兵庫県の温泉へ



両湯船には、旧浴場で利用されていた薬師湯と荒湯との混合泉が掛け流しで供されているものの、無色透明
の湯からは旧浴場で感じられた焦げたような香りは感知できず、わずかな苦味以外はほぼ無味無臭でした。

成分総計の上では薬師湯源泉をわずかに下回る程度ですが、適温に湯温調整されていたことも手伝って、数
値ほどには力強さが感じられず、残念ながら少し物足りなさが残りました。         〔10.12.07〕
木造一部鉄筋コンクリート2階建ての白壁建物は堂々とした造りで、
入母屋造り瓦葺きの屋根の上には小さな望楼、入口の上には銅板葺き
の見事な唐破風屋根が載っています。
入口を入ると正面に受付。左側に設置された券売機で購入した入浴券
を手渡し、休憩コーナーを抜けて左奥にある浴場へと向かいます。
なお、新浴場の開業に伴い、これまで300円であった入浴料は100円値
上げされていました。

オープンして間もないだけあって、脱衣所は明るく清潔で、鍵の外さ
れたスチールロッカーが並んでいた旧浴場とは違って、きちんと鍵の
付いた96庫の木製ロッカーが備えられています。