住 所   福島県南会津郡南会津町湯ノ花
  電 話   
 営業時間   6:00~22:00
 入浴料   200円 (共通入浴券)
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   湯ノ花温泉 清流の湯
  泉 質   単純温泉
 湧出量   31.1  ℓ/min
 泉 温   60.5  ℃
 pH   8.2
 成分総計   0.5757 g/㎏
    Li=0.4/Sr=0.5/Na=146.3/K=8.9/Ca=40.2/Mg=0.1
  (196.4㎎/㎏)
  F=4.3/Br=0.6/Cl=210.7/SO4=102.0/HCO3=17.4/
  CO3=5.7(340.7㎎/㎏)
  HAsO2=0.1/H2SiO3=34.9/HBO2=3.6(38.6㎎/㎏)
                
          
〔2005.05.18〕
 入浴履歴   初訪14.09.12
 評 価   ★★★★
 湯ノ花温泉
天 神 の 湯
                           ゆのはなおんせん てんじんのゆ
塵のような白い湯の華が浮遊する無色透明の清澄な湯は少し熱めで、湯
面からは微弱ながら甘い香りが漂い、肌がきしきししました。


入口を入るといきなり男女共用の脱衣所となっており、しかもバスタオ
ル巻きや湯浴み着の着用も認められていないことから、女性にとってか
なりハードルの高い浴場ですが、ガラス窓からは美しい渓流を望むこと
ができ、鄙びた風情も魅力的な共同湯です。       〔15.09.28〕
白い析出物が
こってりと付
着したパイプ
湯口から主浴
槽へ静かに注
がれているの
は、弘法の湯
でも利用され
ていた“清流
の湯”と呼ば
れる自然湧出
の単純温泉。
小屋組みが剥き出しとなった浴室は、
壁面下部から下がコンクリートの打
ちっ放しで、中央に2.0m弱×1.45
mの隅丸長方形、右奥に0.9m強×
0.6m強の長方形を呈した大小2つの
コンクリート湯船が配されています。

両湯船の間には縁に溝を切って塩ビ
パイプが渡されており、湯口のある
主浴槽の溢れ湯がこのパイプを介し
て小浴槽へ流れ込むようになってい
ました。
歩道から下がった位置に建つ小ぢ
んまりした浴舎は、片流れ屋根を
載せた木造平屋建て。

曇りガラス戸の入口を入ると、す
ぐ目の前がコンクリート打ちっ放
しの上に簀子を敷いた脱衣所とな
っており、浴室との間に左右に設
えられた低い目隠しの手前にそれ
ぞれ3庫ずつの脱衣箱が設置され、
左に4、右に3個のプラスチック籠
が備えられていました。
湯ノ花温泉は、国道352号から県道栗山舘岩線(350号)を南へ約2.6㎞、南会津町と栃木県日光市の間に跨る
田代山(1971m)に源を発して北流する湯ノ岐川によって造り出された標高730mの渓谷に沿って18軒の旅館・
民宿と4か所の共同浴場が点在する、およそ700年前の鎌倉時代に発見されたと伝えられている美しい自然に
恵まれた閑静な温泉地です。

トップページへ



福島県の温泉へ



『天神の湯』は、県道の幅が片側一
車線に拡がる箇所から南へ85m、湯
ノ岐川に架かる湯ノ花大橋の北詰西
側の袂に所在する、近くに天神様が
祀られていることに因んでその名が
付けられた混浴の共同浴場です。

石湯に続いて入湯する予定でいまし
たが、地元の女性客が入場するのを
見掛けたことから先に弘法の湯へ向
かい、その後に足を運びました。
外来開放されている共同浴場は、
かつては浴場ごとに設置されてい
た料金箱に直接入浴料を納めてい
ましたが、2008年4月に改訂され、
入浴券販売所の掲示のある集落内
の商店・旅館等で1日入浴券を購
入して携帯し、最後に入浴した浴
場で備え付けの回収箱に券を入れ
るという方式が導入されており、
日付入りの入浴券を持っていない
場合は、当日券として1000円を支
払うこととなります。