住 所   岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下1538-1
  電 話   0867-35-0539
 営業時間   立寄り 9:00~21:00 (不定休)
 入浴料   600円
温泉利用状況   完全放流式 (加温あり)
   
 源 泉 名   湯の瀬温泉
  泉 質   単純温泉(アルカリ性)
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   27.1 ℃
 pH   9.4
 成分総計   0.1742 g/㎏
    Na=45.5/K=1.3/Ca=6.0(52.8㎎/㎏)
  F=8.2/Cl=22.0/SO4=4.5/HCO3=53.1/CO3=5.1/
  OH=0.3/HS=0.3/BO2=5.7(99.2㎎/㎏)
  H2Si03=22.2(22.2㎎/㎏)
                    
  
 〔1997.08.26〕
 入浴履歴   初訪08.09.21
 評 価   ★★★★
 湯の瀬温泉
藤 井 旅 館
                         ゆのせおんせん ふじいりょかん
『藤井旅館』は、2004年10月に御津郡加茂川町と上房郡賀陽町が合併して誕生した加賀郡吉備中央町に所在
する、1921(大正10)年に創業した湯の瀬温泉の一軒宿です。

湯の瀬温泉は、岡山県中央の吉備高原を流れる旭川の支流・豊岡川の河床に明治時代から湧く温泉で、国道
53号(津山街道)の高尾交差点から同429号で岡山市方面へ約24㎞、途中、右へ折れて県道豊岡上小森線(371
号)を1.5㎞ほど西進すると到着します。
高温に加温されている影響からか、湯船に満たされたわずかに濁りのあ
る湯ではほとんど湯の香が失われていましたが、カランの源泉からは茹
で玉子のような硫黄臭味と少苦味が感知され、同時にかなり強いつるつ
る感を感じました。

事前に多少の情報は得ていたものの、湯の瀬温泉の実力には、正直なと
ころいささかびっくり。
惜しむらくは、加温方法のもう一工夫。それでも、カラン自在により掛
け流し湯を楽しめる浴場として、好印象が残りました。  〔10.10.20〕
浴室は床が紅色を帯びた石板、腰壁が平石で仕上げられ、壁
面上部には檜の丸太が積み上げられています。
手前には4基のシャワーカランが備えられ、マジックミラー
となった奥の窓際に、幅2.8mほどの台形を呈した平石張り
の湯船が配されています。

湯船に満たされているのは、浴場のすぐ裏手から引かれてい
る泉温27.1℃の自家源泉。
もちろん加温されていますが、横にあるカランから源泉・加
温泉を自在に注入できるようになっており、洗い場のシャワ
ーカランも源泉を利用しています。
館内はいかにも温泉宿といった静かな佇まい。
浴場は右へ進んで突き当たりの階段を下り、中庭沿いに廊下を進んだ奥の右手
に設けられています。
純和風の館内に対し、浴場は一人通るのが
精一杯の幅狭のアプローチから一転ログハ
ウス風となり、少し手狭感がある脱衣所に
は、100円返却式のスチールロッカーと脱
衣籠が備えられていました。
山間の長閑な風景を楽しみながら走っていると左手に現われる瓦葺き
木造2階建ての建物は、県道側からは一見小規模に映るものの、手前
にある三谷橋を渡って豊岡川の対岸から望むと、複雑な造りのかなり
大きな宿であることが分かります。

立寄り入浴も積極的に受け入れているのか、到着して駐車スペースに
困っていると、女将さんがすぐに表に出てこられ、対応してください
ました。
袖看板には「湯の瀬温泉旅館」と書かれ、温泉サイトでもこの名をよ
く目にしますが、入口のガラス戸には「藤井旅館」と記されており、
拙サイトではこちらの名称を採用しています。

トップページへ



岡山県の温泉へ