住 所   石川県金沢市板ヶ谷町イ-50
  電 話   076-235-1426
 営業時間   立寄り 11:00~21:00 (休=月,祝は翌日休)
 入浴料   500円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   湯涌板ヶ谷温泉1号源泉
  泉 質   ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
 湧出量   44.1  ℓ/min
 泉 温   41.2 ℃
 pH   8.9
 成分総計   2.033 g/㎏
    Li=0.1/Sr=0.4/Na=551.6/K=2.8/Ca=169.3/Mg=<0.1/
  Al=0.4/NH4=<0.1/Fe=<0.1/Fe3=<0.1/Ba=<0.1/
  Mn=<0.1(724.6㎎/㎏)
  F=4.7/I=<0.1/Br=1.4/Cl=469.1/SO4=759.0/
  HCO3=12.3/CO3=1.1/OH=0.2/HS=<0.1/S2O3=<0.1/
  HPO4=<0.1(1257㎎/㎏)
  HAsO2=<0.1/H2Si03=36.0/HBO2=25.5(61.5㎎/㎏)
  C02=<0.1/H2S=<0.1(<0.1㎎/㎏)     
〔2010.03.30〕
 入浴履歴   初訪08.05.03
 評 価   ★★★★
 銭がめ温泉
銭 が め
                           ぜにがめおんせん ぜにがめ
大きな暖簾が掛かった格子戸の先の脱衣所は、やや手狭な感
はあるものの、鍵付きロッカーが備えられています。
内湯だけの浴場は、右に洗い場、左手に古代檜造りの長方形
の湯船を配しただけの素朴な造りです。

湯船を満たした無色透明の湯からは、仄かに芒硝臭が漂って
いるだけでしたが、右奥隅に設けられた湯口からは、弱めな
がらも芳ばしい硫黄臭がはっきりと感じられました。
手付かずの源泉は湯温が結構高く、夕刻近くで入浴客が入れ
替わり立ち替わり出入りしていたこともあって、ゆったりと
湯浴みを楽しむというわけにはいきませんでした。
それでも、湯船から常に湯が溢れて床を流れていく様は、眺
めているだけでも気分が癒されました。
『銭がめ』は、金沢市街から車でおよそ30分、医王山(939m)の南麓にひっそりと佇む割烹旅館で、富山県側
からは、県道金沢湯涌福光線(10号)で刀利ダムを過ぎて坂を下っていくと、程なくして左手に現れます。
もともとは食事処として営業されていましたが、2002年に宿を創業。
上手に建つ欅造りの本館は、加賀藩主前田家が鷹狩りの休憩所として
利用していたという庄屋屋敷を移築した築約300年の建造物ですが、
幟などに注意していなかったら思わず通り過ぎてしまうぐらい、周囲
の景観に溶け込んでいます。
また、本館の手前には、県道と平行してこれも趣のある木造2階建て
の新館が建っており、立寄り入浴の場合は、食事処であるここの受付
で入浴料を支払い、左側の廊下を進んだ右手にある男女別の浴場へ向
かいます。

なお、客室は本館に3室、新館に6室確保されているものの、1日に宿
泊できるのは、各1組とのことです。

トップページへ



石川県の温泉へ



医王山と板ヶ谷川、山川の幸に恵まれたここの自慢は、岩魚料理と山菜・鍋料理。
一度はぜひ、豪壮な本館に宿泊し、囲炉裏端で舌鼓を打ちつつ、掛け流しの湯をじっくり満喫したいと思い
ます。                                        〔10.09.01〕